反抗期とは?対応の仕方/方法?いつまで?『ない』割合×理由『大人の勘違い』?!

【そもそも論】

『反抗期』= 子供の問題?!

頭の凝り固まってしまった大人様には

受け入れがたいであろう『俯瞰/客観/事実』

 

【大人】

勉強しなさい!

『ゲーム/テレビ/漫画/YouTube/スマホ』の

時間を減らしなさい!

◯時には帰ってきなさい!

お手伝いをしなさい!

片付けをしなさい!

 

ってゆう『大人の価値観の押し付け』w♪

 

『大人側の価値観』×

『〇〇しなさい』『〇〇しておけば』が

【絶対に正しいと思っている】故の

『教育』と称される【大人側の主張/価値観】

 

ソレに対する

【子供の答え】が

『No』だった場合

イライラする&言う事を聞かない&納得いかない。

【子供側も】

納得いっていない -故の-『No』

 

お互い様ですよね♪ってゆうお話 w♪

 

『年齢』も『期間』も【価値観×関係性】次第♪

 

大人が折れるか。。。

子供が折れるか。。。

互いに歩み寄り×折衷案を選ぶか。。。

徹底的にぶつかり続けるか。。。w♪

 

選択肢もたっぷり w♪

 

信じるか信じないかは・・・『大人様』次第?!w♪

反抗期とは?!

【反抗期がない】=

勉強しなさい!  ➡︎  Yes♪

ゲームの時間を減らしなさい! ➡︎  Yes♪

◯時には帰ってきなさい! ➡︎  Yes♪

お手伝いをしなさい! ➡︎  Yes♪

片付けをしなさい! ➡︎  Yes♪

あくまでも『大人側の正義/主観』

 

-片や-

大人側の主張/価値観が【違った】場合

 

勉強なんかしなくていいよ  ➡︎  Yes♪

ゲームは何時間やってもいいよ  ➡︎  Yes♪

門限はないよ  ➡︎  Yes♪

お手伝いはしなくていいからね  ➡︎  Yes♪

片付けはしなくていいからね  ➡︎  Yes♪

【結果論】反抗期がない-とされる-状態

 

【大人の主張/価値観】に対して

【子供が聞き入れない】状態×やりとり

=『反抗期』-と- 称されているだけ。

勉強しなさい?!

では

そうゆう『大人』は?!

 

【大人が】日常的に/当たり前に

リビングにて

本/活字を読み

仕事で活かせるであろう勉強/情報収集を

していたとしたら・・・

 

勉強とゆう『堅苦しいモノ』なんかではなく

-やりたいから×好きでやっている-

【学ぶ】【興味】

『自然と隣り合って』

共有出来るのではなかろうかと。。。

 

【時間がない】【忙しい】

じゃぁ×仕方がないですよね。

 

『感情論』ではなく

【必要性/必然性】を

互いに共有する事で

『価値観の相違』が自然消滅♪

 

あくまでも【理想論】

 

例え『家族』であれ・・・

【価値観の共有が叶う】と

思い込んでしまいがちな『エゴ/利己心』

『所詮×他人論』× 切ないかな『現実』

『モデリング理論』とは?

『モデリング理論』1970代

【心理学者】アルバート・バンデューラ/カナダ

 

人は

自身の体験だけでなく

他者の行動を観察し

それを模倣する/見て真似をする事で

学習する/できる

人間の学習は

【人間と社会との相互的制御関係のなかで行われる】

 

【モデリング×対象】

憧れの人/尊敬している人

自分と似ている環境や状況にいる人

価値観の違い?!

離婚やバンドにて理由付けとされる

【価値観の違い】?!

『反抗期』-と称される事象- と同じようなもの。

【価値観の相違-故の-摩擦/軋轢/衝突】

一言で『当たり前』

 

生活や行動を共にし始めて

『1年』

『2年』

『3年』

・・・

時間の経過と共に

出会う人も変われば

吸収する情報/知識/価値観も

必然的に更新され続ける中

互いの価値観の変容に対して

共有し続けられるか。。。

違和感を感じ始めるか。。。

 

例え×家族であれ

互いに全く同じように

価値観が更新される事【自体】

あり得る訳のない話。

 

もし×あり得るとするなら

同じコミュニティ/狭い生活環境だけに留まり

価値観が更新される事のない環境に身を起き続け

良くも悪くも【一切の行動変容を起こさない】

もしくは

違っていく/変わっていく/ズレていく

相手の価値観を

我慢するのか。。。

受け入れるのか。。。

 

ただの/簡単な【必然×自然の摂理】

最新情報をチェックしよう!