美容師 × 辞めたい?疲れた?辞めとけ?やりがい?

数えきれない程の

「美容師×リタイア」見続けてきたモノノ

まさか、自身が辞めるとは w

一言にすると「こんなモン」「(笑)」です。

20年以上続けた美容師。

独立して約10年。

もちろん「後悔がない。」といったら

嘘しかありません。

ただ「もう」いいかな。。。

美容師を辞めたい?

美容師に疲れた?

背中を押すつもりもありません。

「頑張れ」などとも一ミリも思いません。

美容師は辞めとけ?

そんな想いも一ミリもありません。

今でも

大好きで素敵で魅力的な職業だと思っています。

想いは「何一つ」変わりません。

続けられるモノなら続けたい。

でも「もう」いいかな。。。

「やりたい人」がやればいい。

「辞めたい人」は辞めればいい。

「それだけ」の話。

美容師 × 辞めたい?疲れた?辞めとけ?やりがい?

「2020」「2021」「2022」「2023」〜

新型コロナウイルス【以降】

コロナとゆうものが

世の中に出回りだした「後」

美容師を始められた方には

「理解をした上で」「受け止めた上で」

始める選択肢を選んだよう思いますため

縁のないお話のよう思います。

もし「すでに」

辞めたい。。。

疲れた。。。

「今すぐ/明日」辞めた方がいいと思います w

根拠として

「論外」

「でしょうね」

「当たり前の話」なので w

ただ

新型コロナウイルス【以前から】

美容師を続けられていらっしゃる方には

特に「スタイリスト」にとって

吐きそうになる程×色々×様々

考えさせられる「3年」だったのではないかなと。

「新型コロナウイルス」

一言で。

いゃぁ〜。マジで長すぎだって w

【2022.12月】サッカー×W杯が世界放映され

ねぇ?!ほらっ?!♪「さすがに」「もう」いいよね。

そんな空気になるかと思いきや

「予想通り」なるはずもなく w

そもそも

新型コロナウイルス「なんてモノ」が

世の中を席巻するようになるとは

【誰しも】想像すらできなかった。

個人的には

「時代/世の中が変わった」

「どうしようもない事」

比較的飲み込みやすかったよう思います。

もちろん

「今の/これからの世の中に順応していく」

【生き残るための】

美容師/職種問わずの働き方も

重々理解もできます。

「やりたい人」「やりたい組織」が

「やればいい事」なので。

「目的」は?

美容師を辞めたい?

美容師に疲れた?

そんな際には

美容師の【定義】を

再認識してみてはいかがでしょうか?

Q.「何を目的に」美容師を続けていますか?

・独立をしたい。

・お金を稼ぐ手段として/お金を稼ぎたい。

・人とのコミュニケーションが好き。

・技術職として好き。

・うまくなりたい。

・ただただ美容師が好き。等々

「休みがない」「給料が安い」

「練習/勉強がきつい/しんどい」

「今すぐ/明日」辞めた方がいいと思います w

「目的」が

パッと出てこない時点で

残念ながら

「1日も早く」辞めた方がいいと思います。

美容師/専門職を選んだ以上

「あって当たり前」

今から/この先/途中から

出てくるものでもありませんため。

モチベーションも上がらなくて「当たり前」

個人的には

お客様の気分転換/リフレッシュとして

身嗜みを整えさせて頂くお手伝いをさせて頂ければ。

そんな想いが【定義】として続けていました。

「辞めたい」理由は?

目的が明確にある中

なぜ「辞めたい」「疲れた」が出てきたのか

理由/根拠を明確にすると

スッキリ出来るのではないかと思います。

・人間関係

・時間の拘束

・給料が安い

「あるある」に関しては

美容業界を離れない以上

「どこにいっても」同じ。

断言させて頂きます。

「これからの」サービス業。

価値観は人それぞれ。

肯定でも否定でもなく

ただの「俯瞰/客観」

ただの「主観」にも近いよう思いますが

【大変な事になる】のではないかなと。

そもそも

新型コロナウイルス【以前】にも

日本では

あまり声高々と

用いられる表現ではないよう思いますが

「貧富の差」

どうしようもない

「社会問題」のよう感じています。

よく「平等」などとも言われますが

例えば

「子供/学校でのリモートのパソコン」

「大学生の生活保護」

「気持ち」は重々理解できますが

残念ながら【リアルな現実】

平等にすればする程

これからの日本を担うはずの

「当たり前側/余裕のある富裕層」が

足を引っ張られてしまいます。

【現代】子育て×教育における

必要「最低」経費。

「結婚」「出産」「新居」【以前に】

なぜシミュレーション/想像ができないのか。。。

「ディズニーランド」に行きたい。

時間×お金に余裕がある人が「気軽に」行ける場所。

残念ながら「紛れもない」現実。

いつも×騒ぐのは「時間とお金に追われる側」

目と耳を背け続けて

日本が「前に」進めない元凶になっている事に

【誰も】気付かない(気付けない)現実。

コンビニ×おにぎり ¥140-

コンビニのおにぎり ¥140-【2023】

「高い」と感じる価値観もあれば

「適正価格」と感じる価値観もあれば

「安い」と感じる価値観も。

「デフレ」が染み込みに染み込みまくった日本では

【値上げ=悪】とされ「がち」ではありますが

「高い」と思えば「買わなければいい」

「それだけ」

限度を超えた「価格維持」を続ける事で

被害を被るのは「従業員」

会社側は指示する「だけ」なので。

従業員が「しんどかろうが」

そんな事はどぉでもいい話。

物価は上がるのに賃金は上がらない?

理由/根拠は

大人でさえ

生産性とゆう事象を理解できない人が多過ぎる。

合わせて×もちろん

中小企業が

経営×お金に余裕を残してはいるが

「出さない/上げない」だけ。

文句/不満を言うだけでなく

なぜ自身の給料が上がらないのか?

何をすれば収入を上げられるのか?

不満/文句を口にするくせに辞めないのはなんで?

 

【自身の】

生産性/月給の根拠は「いくら」ですか?

 

答えられる大人が

どれだけいるのだろうか。。。

 

給料交渉に

明確な利益率/数字/根拠を提示しながら

交渉/プレゼンできる大人が

どれだけいるのだろうか。。。

 

現状維持を続けたところで「何も変わらない」

【20年以上】骨身に染みわたるかのように

わかりきっている事であるなら

変わる事はないのは「確定」だとしても

「まだ」「ワンチャン」

物価が上がった方が

「可能性」が開かれるのではなかろうか。。。

改めまして

【値上げ/適正価格】=

「悪」「よくない会社/店/商品」なのでしょうか?

「髪を切る事で」お金を稼ぐ。

新型コロナウイルス【以降】

美容師 =「髪を切る事で」お金を稼ぐ。

上述が【美容師の定義】になるよう思います。

???

「当たり前」でしょ???

???

きっと

「誰一人として」

伝わる事はないよう思いますが

「¥1,000カット」

「チェーン店」

「面貸し×業務委託」

「個人店」

「中規模個人店」

「高級店」

×

「地方」or「首都圏」

どこで「どんな仕事の仕方で働きたい」ですか?

「毎月」と「1年」

美容室「あるある」

トリートメントで客単価UP。

メニューの追加。

しつこい程の紹介の声掛け。

バカの一つ覚えでしかない掛け持ち。

兎にも角にも短時間×回転数。

生産性とゆう言葉をしらない美容業界。

個人的な衝撃として

たまたま見かけた

【面貸し×業務委託】にて

「カット+カラー」長さ/ロング料金「なし」

¥6,000台【2023】

表現だけは心よりごめんなさい。

「こいつら」マジか。。。

上述の

美容師 =「髪を切る事で」お金を稼ぐ。

定義×表現とさせて頂きました。

「ここに」大きな落とし穴。

ウチは「高級店/高単価」【だから】関係ない?

「では」済まなくなってきたのが

新型コロナウイルス【以降】

例えば

「面貸し×業務委託」にて

「カット+カラー」¥6,000-

【来店周期】1.5ヶ月 =

¥6,000 ×「8回/年間」= ¥48,000-

¥6,000 ×「9回/年間」= ¥54,000-

例えば

「高単価/高級店」にて

「カット+カラー」¥13,000-

【来店周期】3ヶ月 =

¥13,000 ×「3回/年間」= ¥39,000-

¥13,000 ×「4回/年間」= ¥52,000-

高級店に通い

身嗜みには自信/プライドはあるが

「年に1回」= ¥13,000-

「伝わります方だけに」伝わりましたら幸いです。

「やりがい」とは?「エレガント」にして下さい。

お客様の「希望」「要望」に応え

結果として「それ以上に」喜んで頂く。

まさに×これが

多くの美容師が「やりがい」として

続けている理由ではないかなと。

では

「エレガント」にして下さい/見えたい。

そんなご希望に

「どう」応えますか?

・レイヤーを高くしてボリュームを出す?

・前髪を伸ばしてもらう/短くする?

・ハイライト/ローライトで流れをつける?

・寒色系の提案?

・深めのレッドバイオレット系の提案?

・スタイリングが簡単なワンカール×デジパー?

・前髪を立ち上げるスタイリングのレクチャー?

・簡単なリバース/アイロンセットのレクチャー?

・ヘアアレンジ/ハーフアップ/遅れ毛の提案?

・ブラウン×グラデーション×アイシャドウのおすすめ?

・ヘアスタイル/ヘアカラーに似合う/映える

ファッション/コーディネートの提案?

では②

新型コロナウイルス【以降】

なるべく必要以上の支出は抑えたい。

なるべく外出を控えたい。

【結果】「半年間」髪の毛はそのまま放置。

「エレガント」とは・・・?

合わせて&さらには

新型コロナウイルス【以降】

「増税」確定案件×不可避。

そもそも論

全てのお客様への感謝は当然ながら

お店/会社が「いつでも/好きな時に」利用できるのは

「定期的にご利用頂けているお客様」あってこそ。

「誰か」が言ったか・・・言わなかったか。。。

「当たり前じゃねぇからなっ!?」

とはゆえ×改めまして

【価値観×人それぞれ】

【正義も人それぞれ】

一切、否定をするつもりもありません。

ただ、肯定をするつもりもありません。

 

「毎月」であれ

「1年に1回」であれ

なんの違和感も感じる事もなく

同じ料金/生産性で仕事ができる人/組織が

カット+カラー ¥6,000-

ロング料金「無し」にて

仕事ができる人/組織が

カット「10分」¥1,200- にて

仕事ができる人/組織が

髪を切る事と同時に

「その大人」が

自身の意思/自己責任により積み重ね続け

自身のキャパを過大評価/見誤った結果の

現状/生活のフォローまで引き受け

ありがとうございます。と

仕事ができる人/組織が

これからの美容業界を担う

「新世代の美容師」ではなかろうかと。

「お一人様」くらいには

これまで一切言語化できなかった

美容師は大好きなはずなのに

胸の内に引っ掛かり続けた「モヤモヤ」が

明確な根拠と共に

スッキリ頂けたのではないかなと。。。

「勇気いりましたね。」

定期的にご利用頂き

突然のお伝え/ご迷惑にも関わらず

お母様世代のお客様より頂いたお言葉。

そんな・・・ありがとうございます。

言葉を返そうとした矢先

涙が溢れて止められませんでした。

この先忘れる事はないよう思います。

こちらのただのわがままでしかない中

察して頂き

共感頂き

こんなに温かいお言葉を掛けて頂き

何気なく頂いた一言で

一生懸命やってきてよかったな。

救われた「気がしました。」ではなく

救われ「ました。」「しか」ありません。

今となっては

何の意味すら持たなくなってしまいましたが

今も変わらず

心の底から

素敵で魅力的でやりがいある職業だと思っています。

 

だからこそ「もう」いいかな。。。

 

高橋歩「人生の地図/フォトエッセイ」より

自分の仕事を嫌ってるような

クソッタレだけにはなりたくない。

関連記事

名言/格言【39選】「人生を変える」「人に贈りたい」「心動かす」素敵な言葉♪ 『現代社会』= 拭う事の出来ない×疑われる事すら無イ 意思無キ「同調圧力」「集団心理」「右向け右」 『みんな/一般的/常識/普通/当たり前/マ[…]

最新情報をチェックしよう!