【中学/高校×頭髪検査】『地毛/黒髪』と『茶髪』を間違えずに確実に見分ける方法【2点】先生方向け×参考書 w♪

超余計なお世話ながら×ふと×夏休みシーズン前♪

全国各地×どこかの先生様へ×いつしか届きましたら w♪

 

ぜひ♪『先生様方』へ知っておいて頂きたい w♪

『地毛』VS『茶髪』

校則違反論争♪ついに×終止符?!w♪

 

現代ならでは×正直

注意にも限界がみえているのではないでしょうか♪

一歩×間違えれば。。。『即×モンスター案件』w♪

チョ〜⤴︎怖いですねぇ w♪

 

戦々恐々とされていらっしゃるであろう中

ふと×今思えば m(._.)m

先生様方にどこまで正確な判断が出来るのか?!

いつしか×ニュースにもなってしまっていましたが

【なんとなく〜先生様方の主観のカケラ】が

ほんの少しであれ入ってしまった時点で

先生様方が完全にアウト m(._.)m

そういった判断は非常に危ないデスヨネ♪

 

比較的×正義に対してお堅い先生様方へは

伝わりづらいよう思いますが×何卒 orz

ホントにホントに『地毛が茶色』

お肌の色も人それぞれ違うように

全然あり得ます♪m(._.)m

【学生だから黒髪】

こういった思考がそもそもナンセンス m(._.)m

 

なにより×丁寧に×柔軟にご対応頂き m(._.)m

 

間違いなく×確実に『白/黒』見分ける方法は♪

決して×急ぐ事なく

迷う場合はチェック/ブラックリスト入り w♪

『経過観察』として

【3ヶ月周期】程度に再検査♪

 

【経過観察×必須確認箇所】は♪

【頭皮付近/根元の新しく伸びてきた髪の毛】

コチラだけ m(._.)m

 

なぜなら

 

『ヘアカラー』にて染めている場合には

新しく伸びてきた『根元3cm』

➡︎【黒髪】

『3cm以降』

➡︎ 3ヶ月前に染めたであろう【ほんのり茶色】

 

染めていない場合には

『根元3cm』『3cm以降』【共に同じ色】

 

髪の毛が伸びるシステム/色の違い-故-【黒色/茶色】

必ず『ライン/線』が入ります。

 

確信/理屈としまして『2点』

・髪の毛は『1ヶ月』につき『約1cm』伸びる

・学生故『マメな手入れ/ヘアカラー』はあり得ない

【追いかけ続ける事で】確実にボロ/色ムラが出ます♪

 

現代ならでは×トラブルを避ける上で

手っ取り早く♪

【頭髪検査に近隣の美容師を業務委託/雇ってみる】

なんてのはいかがでしょうか w♪

圧倒的確実×1人×10秒あればお釣りが来ます w♪

『地毛/黒髪』と『茶髪』を間違えずに確実に見分ける方法【2点】

個人的×当時を思い返すと、、、

『頭髪検査』=

体育館招集×陽の当たる場所を通過×先生Check♪

 

こんな『頭髪検査』を

未だ×されていらっしゃる学校様は

要注意/非常に危ないデス m(._.)m

 

陽に当たれば×陽の光が透けてしまう事により

【確実に/少なからず】

髪の毛が薄く/透き通った/茶色に見えるため

【逆に】判断を難しくしてしまいます m(._.)m

 

もう一点

【現代ならでは×夏×圧倒的超異常気象】

髪の毛はお肌と全く同じように

確実に『日焼け』を起こします m(._.)m

 

理屈を並べると

『黒髪』の『黒髪である成分/メラニン色素』が

破壊されてしまう事で

黒色の影響が弱くなり×必然的に『茶色』になります。

 

『陸上/水泳/テニス/サッカー』等々

『入学時×地毛登録×手続き』をしていなかった

【外/グラウンドでの部活×生徒様】では

「黒髪であり続け-尚且つ-部活を頑張れ♪」

-とゆってしまっている方が-

大人として圧倒的にナンセンス orz

『無理ゲー』です m(._.)m

 

大袈裟な話等では一切なく

【髪の毛/髪質が細い】女子生徒であれば

ヘアカラーを一切使用せずとも

直射日光による日焼けだけで

判断によっては

『金髪』に見えてしまうかのように

明るくなってしまう事も起こり得ます m(._.)m

 

きっと×その女子生徒はこう口にします m(._.)m

ヘアカラーはした事がありません

気付いたら部活で自然と明るくなってしまいました

 

女の子は偽りなく/本当の事しか口にしていません

 

とはゆえ×誰の目から見ても明白

髪の毛は金髪のように見えています m(._.)m

 

こういった事例への対応こそが

【大人/頭髪検査の本質】ではないのかなと m(._.)m

 

【絶対的に】こういった『柔軟な考え方』も

必要になってくる事だけは

『時代が確実に変わってしまった今』

舵のとり方を早急に考えておかなくては

いけないのではないかなと m(._.)m

確実に見分ける作業『色ムラ』

あくまでも『仮説』としてではありますが

【学生×ヘアカラー】=

上述通り m(._.)m

『美容室にて短い周期で定期的に染め続ける』

※ キレイに染めた状態をキープし続ける

ほぼほぼ×あり得ないよう思います m(._.)m

 

理由は

そこまでお金を自由には使えない。

 

であるなら

『自分で染めている』

 

【結果】

確実に『色ムラ』が発生します。

断言させて頂けます m(._.)m

確認方法

重ねまして m(._.)m

不必要に陽の光に当てる必要はありません m(._.)m

適度に陽の光が入っている程度の場所/室内で検査

髪の毛の表面の色を確認

ここでは×まだ

『髪の毛の表面』は特に

【日焼けの影響】が顕著に現れるため

夏場は特に×明るい可能性のほうが高い

とゆうくらいでのご認識を。

『根元3cm』『それ以降の3cm』の色の違いを確認

『髪の毛の内側』を丁寧に/一直線に分けとる/めくる

※ 数箇所

-自身で染めた場合-

【所々に】不自然な場所が急に『茶色』に

必ず×色ムラがあります m(._.)m

 

日焼けにて ×

髪の毛が自然に明るくなってしまっている場合では

自然-故-『髪の毛表面×一周』

ある程度×均等/毛先にかけて自然に明るく

-見えてはいるモノノ-

『髪の毛の内側』をめくると

不自然な色ムラ等もなく『黒色』

【表面だけ日焼けを起こしてしまっているだけ】と

判断がつきます m(._.)m

 

ぜひ×先生方同士で m(._.)m

・地毛の先生

・体育の先生で地毛が黒髪の先生

・髪の毛を染めたばかりの先生

・髪の毛を染めて少し時間が経った先生

・白髪染めの先生は除外

『頭髪検査×担当』の先生様は

定期的に髪の毛の変化さえご覧/ご認識頂きさえすれば

簡単/すぐに違いをイメージ頂けるよう思います m(._.)m

 

-最後に×重ねまして-

陽の光がダイレクトに当たる場所では

プロでない限り

【正確な頭髪検査】は成立しません m(._.)m

最新情報をチェックしよう!