【睡眠の質を上げる方法】生活習慣【7選】『ヘッドスパ』効果×疲れが取れない原因【自律神経を整える×科学的根拠】

睡眠をとった『つもり』なのに・・・

 

眠い×スッキリしない。。。

 

疲れが取れない『気が』する。。。

 

それも×そのはず?!

『OECD/経済協力開発機構』【2019】

【日本人/15~64歳/平均睡眠時間】

諸先進国×世界ワースト【1位】

『7時間22分』

イギリス/8時間28分

フランス/8時間32分

アメリカ/8時間47分

 

『厚生労働省/国民健康栄養調査』【2017】

睡眠時間が『6時間未満』の割合

【男性/36.1%】【女性/42.1%】

 

さらに×そもそも

『睡眠の質』が足りなかったとしたら。。。

 

現代ならでは

生活習慣/人間関係/ストレス【疲労感×多様化】

『取れない疲れの元凶』

『寝付きが悪い/眠りが浅い』

 

知っているようで知らない『睡眠』

 

『身体/脳のメカニズム』

『自律神経と脳疲労の関係性』を

改めて×明確に

ご認識頂く事が改善への最短距離となります m(._.)m

睡眠の質を左右する『自律神経』『脳疲労』

『脳の働き』=

秒単位で『体温』『呼吸』『血流』をコントロールし

身体の状態を一定に保つ働き

 

『脳疲労』= 自律神経の疲れ/乱れ = ストレス疲れ

 

【〇〇×ストレス】が続く事により

『脳の働き/自律神経機能』が低下

脳内の処理が増大して活性酸素が発生し

脳が酸化ストレスにさらされ

本来の働き/調節/コントロールが出来なくなり

【結果】

『疲れた』というシグナルが身体に送られる。

 

『自律神経』=【2種類】

=『交感神経』『副交感神経』

体内活動に必要不可欠な器官の活動を

【意思とは関係なく】自動的に調整している神経

・内臓や血管の働きをコントロール

・体内環境を整える役割

『交感神経』=

心と身体を緊張させて興奮状態に導く役割

身体を活発にする働き

『副交感神経』=

興奮を鎮めてリラックス状態に導く役割

 

【脳の疲労を取る唯一の方法】=

適正な睡眠を取る

『交感神経』『副交感神経』のバランスの正常化

【科学的根拠×証明済】

自律神経を整える『ヘッドスパ』とは?!

【ドライ(無水)ヘッドスパ】=

『副交感神経』のボタンを押しまくる♪的な w♪

お悩みに対して

直接的に干渉する訳ではなく

【自律神経を整える/正常化させる事により】

お悩み改善へ最短距離となる地盤を整えるイメージ♪

『マッサージ』でもなく

『指圧』でもなく

『力/圧により揉みほぐす』でもなく

【21手技】を用いて

皮膚下の骨に迄は届かない

【筋肉部分のみをストレッチさせて頂く】

×

人によっても/同じ人であれ『場所/左右』によっても

【ストレッチ/圧の感覚が変わる/変える】

 

今更/改めまして m(._.)m

【例えば】足をドアの角でぶつけた痛み

足/皮膚が『直接的に』痛みを感知している訳ではなく

あくまでも『脳が痛みを感知/伝達している』

身体を司る『脊髄』も

もちろん『脳』と繋がる事によって

その役割が果たされています。

= 何事も『脳』ありき

イメージだけでも伝わりましたら幸いです m(._.)m

効果/効能

【脳疲労改善/美容】共におすすめ♪

顔を引き上げたい

目をぱっちりしたい

顔のむくみをとりたい

身体の疲れが取れない/スッキリしたい

大切な仕事に備えたい

×

特に原因となるような病気はないのに【普段と比べ】

肩凝りや腰痛が気になる?!

目が疲れやすい?!

頭が重い?!

食欲がない?!

熱っぽい/風邪をひきやすい?!

集中力に欠ける?!

イライラする?!

睡眠をとったつもりなのに、、、眠い?!

気がする ?!

仕事の疲れ

パソコン/デスクワークによる疲れ

人間関係の疲れ

運動の疲れ

家事/育児の疲れ

不安/悩みによる疲れ

ストレスによる疲れ

そもそも×睡眠不足

 

【現代ならでは×疲れ/ストレスの種類も様々】

 

『頭皮』『顔』『首』に無数にあるツボを

刺激しリンパを正常に流し血行を促進させ

【頭をもみほぐす事で】

自律神経本来の機能を整え

良質な睡眠をご提供させて頂きます m(._.)m

 

『整体』『整骨』『鍼灸』『心療内科』

『マッサージ/揉みほぐし』『ストレッチ/姿勢改善』

『内服薬』『サプリメント』『漢方』

様々×試してはいるモノノ。。。

改善の兆しが見られない/スッキリしない

 

【特に/圧倒的×現代ならでは】

無意識による『眼精疲労/霞目』

『眼精疲労』が引き起こす『肩凝り/腰痛/頭痛』

『パソコン/携帯電話/携帯ゲーム機』等

常に目を酷使せざる得なくなった生活環境

目が痛い

頭が重く痛い

圧迫感がある

目が乾く

モノが見えにくくなる/等の症状 〜

酷くなってしまうと

『めまい/胃部不快感』を伴う場合も

 

重ねまして m(._.)m

『身体の疲れは脳/自律神経の疲れ』

脳の疲れが取りきれていないから】

頂くお声の数々

ダントツ×No.1『偏頭痛/頭痛』

頂くお声の多くに

お悩みになられていらっしゃるだけあって

『自律神経』とゆうモノを

ご自身なりに【なんとなく/漠然と】ながら

イメージ/意識頂けているお声を多く頂きます。

 

共通項としまして『耳後ろ』

独特な骨格の作りもあり

【筋肉膜自体も薄く×しかもガッチガチ】

 

No.2『体調の不安定』

【過去】

・不妊治療の際服用されていた『漢方による副作用』

・自律神経失調症と診断を受けた経緯もあり

『頭痛や不安感』

・熱中症に掛かって以来

 

【全体的に】筋肉の柔軟性が固まり-がち-

特に『ぼんのくぼ』付近

 

『その他』

【就寝中】夜中に目が覚めなくなった

目が良くなった(スッキリのような意味合い)気がする

 

重ねまして/あくまでも

『完治/改善』とゆうお話ではなく

なんか今日メッチャ寝れそう♪

今迄してもらった事のある『どの』感覚とも全く違う♪

-的な-

違い/スッキリ感のご実感を

【少なからず/確実に】頂けている

実感を頂けております m(._.)m

『脳の疲れ/自律神経の乱れ』に【世代は】関係ない。

【自律神経を整える】

改めて

【現代ならでは】必要性/重要性を

再認識させて頂くと共に

より広く×スタンダードなモノとして

認知を広げさせて頂ければと♪

自律神経を整える『7つの方法/習慣』

適度な『肉類/魚類』摂取

自律神経が働き過ぎる事により

活性酸素による酸化ダメージが蓄積。

鶏胸肉やカツオなど肉類や魚類に多く含まれる

抗疲労成分『イミダペプチド/アミノ酸』

酸化を防ぎ自律神経の疲労軽減に効果的。

【知識のない/極端な食事制限×要注意】

適度な集中

集中力が高い緊張下では

『交感神経』が優位になる事で心拍/血圧が上昇。

【継続により】血糖値が下がる。

脳への糖質の供給/血糖値を上げるため

『交感神経』がさらに活性化。

小休憩/気分転換/お菓子を軽く摘まむ-等-

短時間の集中を『断続的に』繰り返しが効果的。

胃腸の働き/糖質により

『副交感神経』が働く事で血糖値が上がり

交感神経の興奮の抑制に繋がる。

早食い/食べ過ぎ

一度にたくさん食べ過ぎると

消化を司る自律神経の作業が増え

噛まずに飲み込むように食べると

消化管と自律神経のストレスが増える。

適度なトレーニング

適度なトレーニングでは

心拍の調整/上がった体温を下げ血液循環を最適化。

仕事終わり等

【無意識による/過度な】

疲労感を重ね過ぎる事により自律神経が疲弊。

『辛さに耐えた達成感/身体的疲労』

『疲労感/自律神経疲労』の混同による

『疲労感』への麻痺/認識に要注意。

夏バテ

『夏バテ』=

暑さ/寒さ【共に】

高温多湿への適応/働き過ぎにより自律神経の消耗。

スタミナ料理では解消しない。

 

『クールビズ』=

可能な限り【声/見直し/根拠】を。

大半の人にとって『28度/夏』は不快な室温。

自律神経の低下により生産性の低下。

【結果】残業ともなれば『省エネ×本末転倒』

-科学的根拠等からではなく-

導入当時/2005年『なんとなく決めた』とも

【事実として】環境省より声明が出されています。

同じ姿勢の継続/姿勢の悪さ

良い姿勢であれ/悪い姿勢であれ

※ 悪い姿勢であれば×より顕著に

【同じ姿勢の継続により】

血流/疲労物質の代謝が滞り自律神経の疲弊を招く。

【30分に一度は】

立ち上がる/伸び-等-血液循環の活性化が効果的。

 

【正しい姿勢時】= 背骨がS字のようなカーブ

【猫背時】= 背骨がC字のカーブ

『頭の重さ』『首』『背中』『腰の骨』等

本来×筋肉全体で負担しているトコロ

C字では

部分的に負担が強く掛かってしまう事により

神経が圧迫され

自律神経の症状/バランスに変化が現れてしまう事も。

筋肉のこりや張り

交感神経を活発にしてしまう事に繋がる可能性も。

『姿勢の悪さ』= 要注意事項♪

 

適度な『水分補給』=

『副交感神経』が働き

血流が良くなり/脱水も避けられ

自律神経のバランスが整う。

睡眠

疲労をリセット/回復するために有効な睡眠。

『睡眠不足×アラーム音』=

突如×大きな音が耳元で鳴り響くのは

生き物にとって×身に危険が迫るサイン。

反射的に攻撃に備える交感神経が働き

心拍と血圧が急激に跳ね上がり自律神経に悪影響。

『早寝早起き』を心掛け

アラームに頼り過ぎず/アラームの見直し

明るくなるタイミングで自然に起きるのが理想的。

 

『イビキ』= 自律神経が休まらない。

【仰向け】

重力により舌等が垂れ下がり気道が狭まる。

狭い道を空気が通る事でイビキの原因に。

酸素の取り込みが不十分になり

補うために心拍/血圧を上げようと交感神経が疲弊。

【横向き】

気道が確保されやすくなり

イビキに減少により自律神経は休まりやすい。

 

【就寝前×白湯】

『副交感神経』の柔らかな働きによりリラックス効果。

『コーヒー/ミルク』等ではなく

『白湯』がおすすめ。

運動不足が引き起こす『身体の疲れ』

余談ながら m(._.)m

『脳/自律神経』だけに留まる事はない【身体の疲れ】

 

『地方×車社会』ならでは

重ねましての【お忙しい毎日】

余程の意識無くしては避け難い『運動不足』

関連記事

2020.10月/現在 【ジム施設】 『新型コロナウィルス感染症対策』 通年通したメンテナンス休館/有 入り口の開窓 エアコン×送風 消毒用布巾/1人×1枚 消毒液多数配置 ルームランナー×ア[…]

身体が疲れている時こそ『運動不足解消』が必須♪

 

『運動不足』による【疲労感/弊害】として

筋力の低下が原因により

『関節可動域』が狭くなる事で

-より-『姿勢』が悪くなり

身体の動きへ無意識に制限が掛かり続ける事で

本来のポテンシャルが滞ってしまう。

放置しておく事で【さらに】悪くなり続け。。。

『関節可動域』= 筋肉の収縮運動

合わせて

心肺機能低下×スタミナ不足による『疲労感』

さらなる×弊害

不必要に体重が増える事で

身体本来が重くなる事による『疲労感』

 

現代ならでは『三者三様/百者百様』

【結果】

健康であり続ける事がなにより/最短の疲労回復?!♪

 

お金も時間も掛からない♪( ✌︎’ω’)✌︎

まずは×お休み前の『ストレッチ』からでも♪

【継続/習慣化】

おすすめさせて頂いております m(._.)m

めんどくさいはごめんなさい m(._.)m

関連記事

肩こり&腰痛&首回り-等々- 『身体』× 凝り&痛み×慢性化 orz お悩みの際 身体は柔らかいんだけどね♪ って、、、 耳にした記憶が【ない】ような。。。 とゆうのも、、、[…]

最新情報をチェックしよう!