傷みの少ないヘアカラーの染め方/選び方【おすすめ3選】傷みの本当の原因はほったらかし?

『ヘアカラー』による

髪の毛のダメージが気になる orz

今尚×よく頂くお話ではありますが m(._.)m

の前に♪

『そもそもの髪の毛のダメージ』が

引き金になっていることがほとんど m(._.)m

 

『ヘアカラー』をしたから

髪の毛がバッキバキに傷んだ (ToT)

『ブリーチ/金髪』〜『近い明るさ』以外では

ほぼほぼ×あり得ません m(._.)m

 

『ダメージの少ないヘアカラー』をご希望の際には

【根元のみのリタッチカラー】-もしくは-

『髪の毛の明るさ』を

【現状維持】【気持ち抑える/暗く】

頂けましたら間違いありません♪

ヘアカラーの傷みを抑える染め方

『ヘアカラー』= 髪の毛が傷む

本当に × そこまで【明らか】傷むのか?

 

基本的には/あくまでも【結果】

【これまでの繰り返しによるダメージ】

 

『傷みが特に気になりやすいヘアカラー』

=【現状より明るくされる際に限り】

 

なによりの違いは『薬剤』

『オキシドール/消毒液』を

イメージ頂けましたら幸いです m(._.)m

『髪の毛』×『オキシドール』=『金髪』的な♪

 

『ヘアカラー』×【明るくする】=

明るくするために『脱色するチカラ』が

必須となります m(._.)m

『脱色するチカラ』= 強いアルカリ成分

 

『ヘアカラー』×【現状維持/トーンダウン】=

そもそも『明るくするためのチカラ』が

必要ありません m(._.)m

 

【色味を入れるだけ/トーンダウン】=

弱い薬剤により

【最低限のカラー剤の性能】を引き出せれば十分♪

 

【結果】ダメージが半減/半分以下♪

 

『ヘアカラー剤』=

『明るくさせるための薬剤』

『暗くするための薬剤』

『伸びてきた地毛に使う薬剤』

『すでに明るくなっている場所へ使う薬剤』

種類と役割が違います m(._.)m

 

【ヘアカラーを一括りに出来ない明確な理由】と

させて頂きます m(._.)m

 【リタッチカラー】

『リタッチカラー』= 伸びてきた根元だけ染める

毛先に薬剤が通らない事により

【必然的に】ダメージがない

 

-ながら-

『前回のヘアカラー』より

時間が経過している事により

前回染めたヘアカラーが剥がれ/色が抜け

『キンキン/黄色っぽく〜オレンジっぽく』

なってしまっている状態/髪色では

不必要に『パサパサ/バサバサ』と傷んで見えるため

【現状の褪色の仕方によっては】

キレイには見えません。

 

前回のヘアカラーより『1ヶ月程度』にて

イメージ頂いている以上に早く

色味は剥がれてしまいます m(._.)m

 

そこでおすすめな♪

【明るさ×現状維持】〜【トーンダウン】

【現状維持】

明るさはキープしながら色味を変更♪

【結果】

明るくする必要がないため『弱い薬剤』を使用

×

『キンキン』と色味が抜けた状態を回避♪

ダメージを抑え♪明るさを残しつつ♪キレイに♪

【トーンダウン】

暗くする/明るさを抑える♪

【上述×同様】

明るくする必要がないため『弱い薬剤』を使用

×

【暗くではなく濃く/深く染める事によって】

剥がれていく過程/期間を延ばす事により

トレンド感&色持ち×アップ♪

関連記事

ヘアカラーをご利用頂き シャンプーを繰り返す内に、、、 なんだか×いつも×すぐに (ToT) 髪の色が明るくなっちゃう orz 気になられた事のある際でのおすすめデス♪ 『ヘアカラー』× 色持ち良くする方法♪ そ[…]

まとめ

『ヘアカラーのダメージを抑える染め方』=

ダメージゼロ =『リタッチカラー』

毛先の色落ち加減によっては

傷んで見える/キレイに見えない。

 

【明るさをキープ/現状維持】【トーンダウン】

=『ダメージ×半減/半分以下』

尚×傷んだ?!と思われる際には

薬剤選定/施術自体に問題【有】

 

『ヘアカラー』=【全て×ダメージ】

決して×そういった事はありません m(._.)m

 

『ヘアカラー』『ヘアカット』-含め-

【2ヶ月×放置】してしまえば『当然の現象』

関連記事

【結論】から m(._.)m 不必要に老けて見える原因はコレだけ♪ 【体型管理】 【ファストファッション】 【ヘアスタイル】 【猫背姿勢】 【不必要に】老けて見える『4つ』の原因 ご新規様より 今更な[…]

『ヘアカラー』をされていない際でも

『長さを伸ばされていらっしゃる』際でも

毛先を落とし毛量を整える事により

手触り/まとまり【共に】全く変わります♪

 

傷みが気にならないように

【マメなメンテナンス】

『高いシャンプー/トリートメント』を使うより

『高いドライヤー』を使うより

おすすめ/必須な対策とさせて頂きます m(._.)m

 

メンテナンスがあってこその『ヘアケア製品』

 

『お肌』=【タンパク質】

『髪の毛』=【タンパク質】

ぜひ×同じような『いたわり』を♪m(._.)m

最新情報をチェックしよう!