『うつ病/自律神経失調症』予防×周りの人の声かけ【未然に防ぐ生活習慣×科学的論拠】自律神経を整える方法

いつ×誰にでも起こりうる【鬱×自律神経失調】

 

【2020】

『日々』『たった×数時間』を追う毎に

これまでの『常識』『非常識』が

ひっくり返り続ける未来

 

大袈裟でもなんでもなく【今のうちから】

『あり得ないであろう可能性』に

備えておくべき/芽を摘んでおくべき【科学的論拠】

『鬱/うつ』未然に防ぐ予防対策/生活習慣【自律神経を整える方法】

『憂鬱/気分が晴れない/不安感/イライラ/モヤモヤ』

=【自律神経のアンバランス】

 

『自律神経』=【2種】

『交感神経』= 興奮/緊張/活動時に優位に

『副交感神経』= リラックス作用/睡眠時に優位に

 

『自律神経』=

自身/意思によるコントロールが【一切】叶わない

※ 普段×繊細そうに見えないような人-程-周囲が注意

『躁的防衛/演出』=

『早口や無駄に口数が多い』

『無駄にテンションが高い』

内面/不安を

探られないようにするための【予防線/深層心理】

必須『生活習慣』

たまに/気が向いたら【ではなく】

必ず『定期的×習慣化』させておくべき

【副交感神経×優位性】

・陽の光を【意識的に】浴びる

・外に出る×外の空気を吸う『散歩』等

・自身が継続出来る範囲の軽めの運動

『ウォーキング/筋トレ』等

➡︎ 少し汗をかけるくらいが理想的

・就寝前のストレッチ

・たくさん寝る

・食べ過ぎない

・甘いモノも摂り過ぎない

・好きな映画/本/漫画等【なんでもいい】

➡︎ 感動の涙をたくさん流す。

【現状】しんどい/辛い

『しんどさ/辛さ』を

【実感/体感】として感じてくるようになった際には

例え

軋轢/摩擦が起きようとも

一切の空気を読まず

頭の中の事を【直接×面と向かって】

『明確に』伝え/吐き出す。

 

『難しい』-は- 重々承知ながら

可能な限り『理路整然-且つ-直接的』に。

 

『感情論』= 無意味 /『何も』生み出さない。

 

相手には【無礼/不躾/迷惑】を大変申し訳ないが

そんな事ゆっている場合じゃないので。

 

後の未来に

頭を下げ『ごめんなさい』『ありがとう』で大丈夫。

 

もう充分頑張っているので

『頑張ろう』『明るく/笑おう』など

思考から棄てる。

 

気の済む迄×徹底的に

『想う/感じる』ままに。

 

例え×間違っていたとしても

『今は』

【自身の正義/主観】を貫ぬき通す。

 

しんどいなと思えば

【1分でも多く】寝る/横になり目を瞑る。

 

決して×多くの人/誰にでも【ではなく】

心の底から信用/信頼出来る『1人にだけ』

『今』しんどい旨を濁す事なくハッキリと伝え

話を聞いて欲しい。

チカラになって欲しい。

【明確に意思を伝える】

 

その選んだ『一人』にだけは

想いを【全て】ぶつけても

【全て】受け止め

チカラになってもらえます。

『診療内科』

無理に『診療』などはしない。

= ただ『鬱』と診断されにいくだけ。

 

無駄/不必要な自覚をしにいくだけの

『作業/通過儀礼』でしかない。

 

あくまでも

お金を支払い【親身風に】話を聞いてもらう

『貨幣交換/ビジネス』

『新しい事』を始める

どんなに『些細な事』でも【新しい事を始める】

・普段飲まない飲み物を飲んでみる

・普段食べないモノを食べてみる

・普段歩かない道を散歩してみる

・普段読まない本を読んでみる

・普段しないゲームをしてみる

・普段しない運動をしてみる

・普段しない映画を観てみる

等々々♪

 

 ︎とにかく『行動を起こす』× 継続的に重ね続ける

 

『オセロ』と同じ-ようなモノ-

『交感神経』を

一つずつ×ゆっくり×丁寧に×焦る事なく

『副交感神経』へと

ひっくり返していけば良いだけのお話。

ゆっくりで大丈夫。

最新情報をチェックしよう!